『第5回 人と野生動植物の共生を考えるつどい』が開催されます 

■■■■■ 『第5回  人と野生動植物の共生を考えるつどい』 ■■■■■

合同開催 「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト交流会in登米」

テーマ:田んぼの生物多様性について考える

~ 登米市の田んぼに赤トンボのにぎわいを取り戻そう ~

1.目的

現在の水田は、経済性や効率性を優先した近代化により、水田に生息してきた多 くの生き物の生育環境が劣化し、生態系に急速な変化がもたらされ、以前は数多 く見ることができた赤トンボも、市内で数が少なくなってきています。

市では生物多様性基本法に基づき、東北の市町村では初めてとなる生物多様性地 域戦略の策定に取り組んでおり、人と自然が共生する地域づくりを目指しています。

このことから、人と野生動植物との関わりを考え、自然を再生し、生態系を維持 しながら、自然環境を持続的に利用していく方策などを検討し、生物多様性の向 上を図ることを目的に開催します。また、引き続き「田んぼの生物多様性向上10 年プロジェクト交流会」を合同で開催し、県外参加者との意見交換も行います。

2.日時
平成25年8月24日(土) 午後1時30分~午後6時10分

3.会場
登米市南方農村環境改善センター ホール

4.主催
登米市環境市民会議、登米市、NPO法人ラムサール・ネットワーク日本

5.共催
公益社団法人登米法人会、みやぎ登米農業協同組合、NPO法人田んぼ、
NPO法人民間稲作研究所、NPO法人オリザネット、日本雁を保護する会、
IUCN日本委員会、NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ

交流会次第+申込書 http://yahoo.jp/box/fhPDGM ← ここからダウンロー ドできます
開催要項案交流会募集 http://yahoo.jp/box/H0IO6L ← ここからダウン ロードできます