事務局日誌

国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)は、10月24日(水)に環境省中部地方事務所第一会議室にて、生物多様性条約に関するメディア向けの勉強会を開催します。 歴史的な成功をおさめた生物多様性条約第1...
絶滅危惧種とは、世界の絶滅の恐れがある種のことで、現在約25000種を超える動植物が絶滅の危機にあることがわかっています。今回IUCN-Jはシール堂との共同企画により、Shinzi Katohによるデ...
8月22日、ロンドン動物学会博士で、IUCNのウナギ専門家グループ議長のマシュー・ゴロック博士が日本自然保護協会のオフィスを訪れ、ウナギに関する講演をしてくださいました。   講演は、...
2018年8月1日(水)に中央区環境情報センターにてSBSTTA22(第22回生物多様性条約科学技術助言補助機関会合)およびSBI2(第2回生物多様性条約実施補助機関会合)の報告会を行いました。 主催...
【イベントの概要】 IUCN-Jでは、10月2日(火)に国際自然保護連合(IUCN)70周年を記念して、シンポジウム「自然を基盤としたSDGsの達成~日本から世界に発信する新しい協働~」を開催します。...
8月2日に、ラムサールネットワーク日本主催の「田んぼの生物多様性向上とSDGs勉強会」に参加してきました。 はじめにIUCN-J副会長兼事務局長の道家より、SDGs(持続可能な開発目標)についての基本...
国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)では、生物多様性の保全にむけて行う活動が、各セクターで連携して行われることを促進するため、「にじゅうまるプロジェクト」に登録された事業等の中からUND...
皆様のご協力、ご参加のお陰で、にじゅうまるCOP3は無事に閉会しました。 会合の報告書が完成しましたので、是非こちらからご覧下さい。   また、全体会合・記念フォーラムに関しては、当日の資料...
2018-02-20 / イベント, 事務局日誌
にじゅうまるCOP3の2日目は、分科会が開催されました。 2018年2月18日の午前9時30分に國學院大學常磐松ホールに集合した参加者たちは、9つの分科会のコーディネーター団体から、各分科会のテーマや...
2018-02-20 / イベント, 事務局日誌
にじゅうまるCOP3の1日目午後は、「ヒアリとウナギと投資から見る、私達の生活の未来」と題する記念フォーラムが開催されました。 IUCN日本委員会副会長の日比保史さんは開会の挨拶で、ヒアリとウナギと投...
12