【参加者募集!】ポスト2020特別作業部会報告会@東京を開催します

愛知ターゲットという生物多様性の世界目標設定が2010年になされ、目標達成年が近づいています。生物多様性条約では、ポスト愛知(ポスト2020とも呼ばれる)の中身を考えるため、8月27日~30日にケニア・ナイロビで第1回ポスト2020特別作業部会(1st OEWG)が開催されます。

この度、その報告会を、2019年9月20日(金)18:30(開場18:20)より、中央区立環境情報センター(東京・京橋)にて開催します。

2050年ビジョンの妥当性やポスト2020目標の構造、目標の進捗を図るための指標、世界版にじゅうまるプロジェクトといえそうな、ボランタリーコミットメント(仮称)の仕組み等々について、生物多様性事務局に提出された意見書や、地域会合の成果をベースに議論が進むことが予想されます。また、今後のポスト愛知目標の決定プロセスや関連会合などの確認も行われる予定です。

本報告会では、日本から参加した研究機関・NGOが現地で行った活動とその成果について報告いただく機会を設けます。
質疑応答の中では、ポスト2020に関する意見交換もしたいと考えています。

生物多様性保全に関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。多くの方のご参加をお待ちしております。

lion_Pantheraleo_Teppei_Dohke

概要

日時:2019年9月20日(金) 18:30~20:30 (18:20開場)
場所:中央区立環境情報センター
定員:50名(先着順)
参加費:無料 要・事前申し込み
申込み:以下の申し込みフォームに記入ください。
https://forms.gle/hNnDcd2w3vJAu7BV6

*グーグルフォームを使用しています。アクセスできない場合は、件名を「ポスト2020作業部会報告会参加申し込み」として、お名前・所属(あれば)・連絡先(イベントにかかるご連絡用。Email推奨)を下記お問合せ先までメールにてご連絡ください。

プログラム

司会進行:道家哲平 国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)

報告と質疑、意見交換:
<概要報告>および<NGO・研究機関から、各テーマの注目・解説>をいたします。

意見交換では、環境省担当者も交えて、ポスト2020について考えます。

・事前参考資料(7月作成)として、ポスト2020作業部会とは何か(pre-info-OEWG、動画()をご覧になると、内容をさらに理解できます。

主催:国際自然保護連合日本委員会
共催:日本自然保護協会、生物多様性わかものネットワーク、国立環境研究所
協力:環境省
問合せ:IUCN-J事務局  bd.20.contact@iucn.jp

この報告会は、地球環境基金の助成を受けて開催します。