事務局日誌

生物多様性条約COP14報告会「生物多様性課題の世界と関西の潮流を読み解く~COP14の報告から学ぶ~」 (3月20日(水))を大阪府・大阪市にて開催しました。関西で生物多様性の課題に取り組む行政・企...
NGOと研究者のさらなる連携に向けて協定締結 2018年2月13日、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)と国立環境研究所(NIES)は、愛知ターゲット達成に向けた更なる活動の加速と、ポスト202...
生物多様性条約COP14報告会(2月8日(金))を愛知県・名古屋市にて開催しました。当日は、30名以上の参加者があり、COP14の最新の動きを考えると共に、ポスト愛知目標(ポスト2020枠組み)に関す...
2018年12月18日(火)に環境パートナーシッププラザ(GEOC)にてCOP14(第14回生物多様性条約締約国会議)の報告会を行いました。 主催:国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J) 共催:日...
2018-10-31 / イベント, 事務局日誌
  にじゅうまるプロジェクトの事務局を務めるIUCN日本委員会では、おりがみを通じて生物多様性について考えるイベントを日本各地で実施しています。 今回は、日本で最初にコアラが来園した動物園の...
高まる2020への期待 2018年10月24日(水)に環境省中部地方環境事務所にて生物多様性条約(CBD)勉強会を開催しました。 40名定員の会議室に、38名の方にご参加いただきました。平日の午後にも...
国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)は、10月24日(水)に環境省中部地方事務所第一会議室にて、生物多様性条約に関するメディア向けの勉強会を開催します。 歴史的な成功をおさめた生物多様性条約第1...
絶滅危惧種とは、世界の絶滅の恐れがある種のことで、現在約25000種を超える動植物が絶滅の危機にあることがわかっています。今回IUCN-Jはシール堂との共同企画により、Shinzi Katohによるデ...
8月22日、ロンドン動物学会博士で、IUCNのウナギ専門家グループ議長のマシュー・ゴロック博士が日本自然保護協会のオフィスを訪れ、ウナギに関する講演をしてくださいました。   講演は、...
2018年8月1日(水)に中央区環境情報センターにてSBSTTA22(第22回生物多様性条約科学技術助言補助機関会合)およびSBI2(第2回生物多様性条約実施補助機関会合)の報告会を行いました。 主催...