1st-OEWG

1st-OEWG

正式名称:ポスト2020生物多様性世界枠組みに関する第1回公開作業部会(First meeting of the Open-Ended Working Group on the Post-2020 Global Biodiversity Framework)
開催日:2019年8月27日~8月30日
開催地:ケニア ナイロビ
ウェブサイト:https://www.cbd.int/conferences/post2020/wg2020-01/documents
会議のレポートはこちらhttp://bd20.jp/category/conference/1st-oewg/
CBDの国際会議では、GYBN(Global Youth Biodiversity Network)は活発に活動しました(第1回ポスト2020特別作業部会(1st OEWG)での世界ユースの活動を参照...
第1回ポスト2020作業部会(以下、1st OEWG)も無事に終わりを迎えました。議題5の今後の作業計画については、最終文書の採択まで進み、クリスティアーナ・パスカパーマー事務局長からも第1回作業部会...
ポスト2020作業部会が4日目は、だいぶ遅く始まり、今後の進め方に関する検討を行ったのち、終わりもだいぶ延長して19時半過ぎに、無事に終了しました。 会議成果文書として、最終的に、一つに集約した文書を...
成果文書は、「第1回作業部会の結論」というタイトルで、今後の進め方に関する合意事項をまとめつつ、その中に、付属書1として「ポスト2020枠組みに関する議長テキスト(=合意文書ではないが、第1回会合にお...
市民セクターの意見表明方法 国際会議は、市民セクターにとって、自国だけでなく多くの締約国政府団に自分達の考えを伝える良い機会です。会議内での発言はその最たるものですが、他にもロビーイングと呼ばれる以下...
ナイロビ国立公園で観られた動物たち ナイロビ国立公園はナイロビ市街のすぐ近くにあり、野生動物と共に高層ビルの写真が撮れるという珍しい場所です。第1回ポスト2020作業部会(1stOEWG)が始まる前日...
ポスト2020特別作業部会も残すところあと1日となりました。プレナリー(本会議)での議論も一区切りつき、議題4のさらなる議論として「ポスト2020の可能な要素」に関する追加的な議論グループが立ち上がり...
3日目は、午前、ポスト2020枠組み作りのための作業計画(Program of Work)という議題で、どんなテーマをどこで、どう検討し、ポスト2020作業部会含む、どのフェーズで何を議論・合意してい...
ポスト2020作業部会(OEWG)2日目である8月28日(火)の午後に、ユースを生物多様性の新しい目標に巻き込むためのツールキットの発表会に参加しました。 このツールキットはThe Nordic Co...
ポスト2020作業部会(OEWG)の開催前日である8月26日(月)の夜にGYBN(Global Youth Biodiversity Network:世界生物多様性ユースネットワーク)主催、EU共催の...
12