生物多様性に関わる様々な情報自動収集中

生物多様性は、衣食住・医療・文化、それを支える産業や科学等、多様なテをーマに関係しています。このページでは、これらのテーマに関する活動の情報を収集していますので、是非様々な活動の今を調べてみてください。

2020-12-20 / Ramnet-J
琵琶湖博物館/ラムネットJ理事 大塚泰介 「田んぼの生きもの全種リスト」(桐谷圭治編、2009年)の出版以来、日本の田んぼとその周辺で5000種を超える生物が見られることは、水田の環境保全に関わる者の...
2020-12-20 / Ramnet-J
白玉星草と八丁トンボを守る島田湿地の会 大里 齊 島田湿地(島田緑地自然生態圏)は、名古屋東部丘陵に存在する湧水湿地です。今では、住宅に囲まれた約2.9haが残され、名古屋市の管理になっています。湿地...
2020-12-20 / Ramnet-J
川辺川ダム「流水型にゲート」 国交省提示、放流量を調節可能に市内の土砂採掘で地下ダム損傷を懸念 辺野古埋め立て土砂の採取地糸満市が答弁辺野古の警備船4人感染 狭い船内7人が16時間過ごし「密」避けられ...
2020-12-18 / Ramnet-J
「川辺川ダムより河川掘削を」 元熊本県職員が会見「流域治水」に9000億円 国交省来年度予算案 球磨川など対策強化へ県が柵設置、住民硬化 石木ダム県道4度目工期末 対話の糸口はどこにコクガンの旅、ルー...
2020-12-18 / Ramnet-J
 ラムサール・ネットワーク日本は2020年12月18日、「熊本県知事による川辺川ダム容認の撤回を求める声明」を公表し、熊本県知事に送付しました。2020年12月18日熊本県知事による川辺川ダム容認の撤...
2020-12-18 / Ramnet-J
石木ダム本体工事で初入札 工期は3月末、着工時期は未定石木ダム事業 「工事中断と対話」 共産が県に要請川辺川、ダムの調査費計上へ 21年度当初予算案―国交省辺野古設計変更への名護市長意見、審議持ち越し...
2020-12-17 / Ramnet-J
辺野古埋め立て変更 名護市民の意見579件「全て否定的」 市長は「異議なし」リニア工事 法廷に問う(1) 弁護団事務局長・西ケ谷知成さんコウノトリおかえり 「コウちゃん」和歌山に※掲載後にリンク先の記...
2020-12-16 / Ramnet-J
山口・上関原発の海底調査中断 中国電力、住民らの抗議活動も辺野古区域外の海草藻場が縮小 土砂投入2年、続く抗議軟弱地盤「辺野古は不可能」 防衛省資料分析し中止訴え琵琶湖、酸欠エリアが拡大 「生物への影...
2020-12-15 / Ramnet-J
諫早、雲仙市民アンケート 諫干 防災効果を評価 地域活性化の実感乏しい辺野古の土砂投入から2年 反対する市民ら海上抗議行動「決して手遅れではない」と知事 辺野古の土砂投入から2年 対話求めるトゲソ調査...
2020-12-13 / Ramnet-J
辺野古で土砂投入2年、工事進む 政府着々、沖縄「憤りしかない」辺野古の土砂投入から2年、東京で基地問題を考える 「本土はもっと目を向けて」絶滅危惧種の水草「ムサシモ」琵琶湖岸で自生確認 滋賀の市民団体...