生物多様性に関わる様々な情報自動収集中

生物多様性は、衣食住・医療・文化、それを支える産業や科学等、多様なテをーマに関係しています。このページでは、これらのテーマに関する活動の情報を収集していますので、是非様々な活動の今を調べてみてください。

2020-03-05 / Ramnet-J
ラムネットJ共同代表 金井 裕/同理事 後藤尚味 田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト(田んぼ10年プロジェクト)の全国集会が、2019年12月7日に、東京ビックサイト近くの東京都江東区有明のTF...
2020-03-05 / Ramnet-J
ラムネットJ共同代表 上野山雅子 2019年11月2~3日、福井県敦賀市にて、田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト地域交流会─里地の田んぼの多様性と育まれる生きものたち─を開催しました。...
2020-03-05 / Ramnet-J
ラムネットJ共同代表 永井光弘 2019年11月29日から12月1日にかけ、韓国・順天(スンチョン)市において、第14回日韓NGO湿地フォーラムが開催されました。 初日のエクスカーションでは、順天市の...
2020-03-05 / Ramnet-J
佐賀市役所環境部環境政策課 福岡正和 東よか干潟は、九州の有明海の最奥部北岸に位置し、佐賀県南部に広がる泥の干潟です。 有明海の干満差は最大約6mと日本最大で、干潮時には見渡す限りの広大な干潟が姿を現...
2020-03-05 / Ramnet-J
辺野古抗告訴訟も期日延期 新型コロナ感染防止で那覇地裁「例年より早め」ハクガン北帰行 青森の田んぼで翼休め淡水魚のセシウム汚染、湖と川で蓄積傾向に違いコハクチョウ、元気に戻って 琵琶湖から北帰行※掲載...
2020-03-04 / Ramnet-J
石木ダムの費用対効果 計算は「虚構」再検証を 科学者の会 佐世保市に意見書森里海を結ぶ植樹祭 藤崎真二クニマス保護へ産卵場所で湧水量を調査奈良)ダム建設で消えた集落跡、生き物調査5年の成果ハリケーン防...
2020-03-03 / Ramnet-J
辺野古地盤の資料を加工 防衛省 強度弱いデータ外すため池で水抜き、体長51cmブラックバスも アユモドキ保護で外来魚2500匹駆除(京都府)福岡)新型コロナウイルス終息願いお堀開き 柳川※掲載後にリン...
2020-03-02 / Ramnet-J
石木ダム事業「継続」答申受け 審議やり直し求める 市民団体が佐世保で集会辺野古のサンゴ採捕 許可するよう指示 農水省が知事に文書ハマボウフウであめ 金石の児童、食べて学ぶ※掲載後にリンク先の記事が消去...
2020-02-29 / Ramnet-J
石木ダム事業継続 是認 市利水再評価検討委が答申 佐世保市民団体「いしきを学ぶ会」 長崎県内事業の問題点考える湿地保全で天然のダムに 生態系と豪雨防災を両立、環境省生物に必要な大井川の流量、JR「設定...
2020-02-29 / Ramnet-J
カワウ対策広域連携で 県が天竜川水系研修会(長野県)坂井市の「鴨池」で渡り鳥の北帰行始まる新たな湿地保護地点の確定進める/朝鮮の西海沿岸地域で(北朝鮮)※掲載後にリンク先の記事が消去されている場合もあ...