生物多様性に関わる様々な情報自動収集中

生物多様性は、衣食住・医療・文化、それを支える産業や科学等、多様なテをーマに関係しています。このページでは、これらのテーマに関する活動の情報を収集していますので、是非様々な活動の今を調べてみてください。

2018-12-20 / Ramnet-J
辺野古移設差し止め訴訟、沖縄県が上告「辺野古基地にノー」 ホワイトハウス前など全米で集会国は埋め立て申請前から知っていた 358件が高さ制限接触 辺野古新基地【生態学】全球的な干潟の消長をマッピングす...
2018-12-19 / Ramnet-J
 ラムサール・ネットワーク日本は、日本政府が辺野古米軍新基地建設事業に伴う名護市辺野古沿岸部への土砂投入を2018年12月14日に開始したことに対し、ラムサール条約に基づき湿地の生物多様性保全を推進し...
2018-12-19 / Ramnet-J
辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す土砂投入に抗議 沖縄県議会の与党が意見書提案 20日可決へ沖縄県民投票、宮古島市が初の不参加 辺野古移設巡り 水生生物すむ池復活を 南...
2018-12-18 / Ramnet-J
土砂の積み込み、名護の民間桟橋で始まる 辺野古では作業続く辺野古の土砂投入 上伊那で抗議の声 「沖縄だけの問題ではない」浸水想定域に3540万人 河川洪水、20年で世帯24%増 ※掲載後にリ...
2018-12-17 / Ramnet-J
辺野古の土砂投入、支持しないは56%八ツ場ダムはいま 政権交代と混迷の象徴、工事急ピッチミドリシジミ 県のチョウ、卵確認 芝川第1調整池で /埼玉池の水抜き生き物調査 名古屋・南区の道徳公園で600人...
2018-12-16 / Ramnet-J
玉城知事「対抗手段講じる」 土砂投入の辺野古 視察辺野古埋め立て 米大統領に直接「工事停止」請願の動き「辺野古のどさくさに紛れて...」 高江も工事再開1年2カ月ぶり雪にも負けず餌探し 象潟・川袋川、...
2018-12-15 / Ramnet-J
 「湿地、持続的な都市の未来のために」という主題で、2018年10月21日(日)〜29日(月)、ラムサール条約第13回締約国会議(COP13)が開かれました。締約国170か国のうち143か国の代表を含...
2018-12-15 / Ramnet-J
水辺に遊ぶ会理事長 足利由紀子 11月に入り中津干潟では、ハマシギの数がどんどん増え、ズグロカモメやクロツラヘラサギなどの鳥たちも渡ってきました。また、数千羽のヨシガモの群れも今年も健在です。 水辺に...
2018-12-15 / Ramnet-J
宍塚の自然と歴史の会 佐々木哲美 JR土浦駅・つくばTXつくば駅から、いずれも約4kmにある「宍塚の里山」は、東京駅から50km、土浦市宍塚側が100ha、つくば市側が約80haの里山です。環境省「生...
2018-12-15 / Ramnet-J
トトロのふるさと基金事務局長 北浦恵美 昨年3月に、ご報告させていただいた、東京・埼玉にまたがる、狭山丘陵の墓地開発問題のその後のご報告です。ラムネットJの陣内隆之さんに湿地保全の重要性のお話をいただ...