生物多様性に関わる様々な情報自動収集中

生物多様性は、衣食住・医療・文化、それを支える産業や科学等、多様なテをーマに関係しています。このページでは、これらのテーマに関する活動の情報を収集していますので、是非様々な活動の今を調べてみてください。

2016-06-18 / Ramnet-J
国是正指示、適否判断せず 辺野古移設で係争処理委ビザなし交流 シマフクロウとタンチョウ、共同研究再開へ 露の専門家会見 /北海道白老「ヨコスト湿原」と「ホロホロ湿原」 重要湿地に認定 開発抑制に期待赤...
2016-06-16 / Ramnet-J
<栗駒山>ニッコウキスゲにっこり卵発見 泡みたい 小松・木場小 モリアオガエルの生態学ぶ「年縞」研究展示を観光の拠点に 福井県、年度内に施設着工河内川ダム 目標から「水道水」外す 小浜市総合計画「地下...
2016-06-15 / Ramnet-J
八ッ場ダム 本体打設工事始まる 19年度完成へカワシンジュガイ85個確認 NPOと高校生、霧多布湿原で生息調査むかわタンチョウ見守り隊 啓発看板設置、活動本格化鳥海ダムの環境影響「多角的な調査を」(秋...
2016-06-15 / Ramnet-J
諫早開門和解協議で国、再生基金具体案示さず原告適格なし、住民訴え却下=辺野古取り消し無効確認訴訟−那覇地裁タンチョウ 国後でも越冬 生息数増加、分布数拡大 保護区副所長「つがい確認」 /北海道カラマツ...
2016-06-13 / Ramnet-J
被災海岸の植物たくましく育つ 観察会で確認(宮城県)海藻の敵「ガンガゼ」の駆除作業 尾鷲市(三重県)チュウヒ保護の進め方の公表について(環境省)ミゾゴイ保護の進め方の公表について(環境省)※掲載後にリ...
2016-06-12 / Ramnet-J
52年に計画浮上の八ッ場ダム、コンクリ打設へハナショウブ 凜と初夏彩る 阿賀野・瓢湖 /新潟松茂に再びウミガメ 足跡確認、産卵の可能性筑後川の恵み再確認 佐賀市長ら流域首長が意見交換 大川市で「フェス...
2016-06-12 / NACOT
野川公園や自然観察園にある林や草原、水辺に生える草木の花と、それを訪れる昆虫を、五感を使って観察し、花(植物)と昆虫の不思議なつながりを探っていきます。 少人数のグループに分かれて観察するので、初めて...
2016-06-12 / NACOT
   第18回横沢入しぜんかんさつ会  『オトシブミさんも、首を長くして待っていますよ!初夏の横沢入へ、ようこそ!』  オタマジャクシやオトシブミの産卵も見られる初夏の横沢入へ来てみませんか...
2016-06-12 / NACOT
  都民の憩いの場として知られる葛西臨海公園は、25年かけて育まれた都内有数の緑の宝庫でもあります。特に海を渡ってきた渡り鳥たちが最初にたどり着いて一息つく場所として有名ですが、それができるのもここに...
2016-06-11 / Ramnet-J
辺野古移設めぐる国地方係争処理委 参考人陳述は実施せずゴリ押しで進む「巨大防潮堤」の建設。地元住民の代替案も検討されず...ライチョウ生息の火打山、カラスやシカが侵入カキツバタ群落に復活の兆し 村岡、...